【Web3プロフェッショナル】クリプトに情熱を注ぐ人たちを支援する場所「CryptoBar P2P」を運営するBBBさんにインタビュー

今回は、様々な企業での新規事業開発やブロックチェーン開発、リアル店舗であるCryptoBar P2Pを運営しているBBBさんにお話を伺いました。

本記事では、既にWeb3プロジェクトに関わっている方、今後関わっていきたい方、Web3事業に行き詰まっている経営者に是非読んでいただきたい記事になっています。

BBBさんに事業のご相談をしたい人はこちらへお問い合わせください!

目次

BBBさん

CryotoBar P2P運営の傍ら、Crypto系スタートアップにも所属。
CryptoBar P2Pでは、経営、システム設計、企画、マーケティング、店舗運営を中心に活動中。

あわせて読みたい
CryptoBar P2P Cryptoの未来を信じる人たちの集う場所、をコンセプトにしたバー、「CryptoBarP2P」の公式サイトです。

 BBBさんTwitter:https://twitter.com/project_bbb

BBBさんってどんな人?

──早速ですが、BBBさんを知らない人のために、自己紹介をお願いしてもよろしいですか?

私は2017年からブロックチェーンの仕組みに魅了されて、Web3業界に飛び込みました。最初はビットコインなどの仮想通貨投資を始め、約4年前に仮想通貨のデータ分析に関連したシステム開発を行う会社を設立しました。また、1年ほど前からはリアル空間の店舗としてCryptoBar P2Pを運営しています。

──現在はどのようなプロジェクトに取り組んでいるのですか?

CryptoBar P2Pの運営、その他様々な企業の新規事業開発の支援やブロックチェーンの開発を行っています。例えば、以前は暗号資産メディアのcoindesk Japanに携わっていました。また現在はブロックチェーンの開発を行っている株式会社ChainCraftといった企業に携わっています。

──CryptoBar P2Pについても教えていただけますか?

CryptoBar P2Pは、クリプト決済をするかNFT会員証を持っている人だけが利用できるBarです。リアル空間の店舗であるため、各種イベントの開催や他社との協業、クリプトプロジェクトの実証実験の場として利用されることもあり、現在はこのリアル店舗事業に力を入れています。

恐らく、リアル空間でNFTを使用したのは業界の中でもかなり早い段階から取り組んでいたと思います。

BBBさんのご経歴

──続いてBBBさんの経歴についても簡単に伺ってもよろしいでしょうか?

まずパーソナルな部分をお話しさせていただくと、私は理系の大学に進学したのですが、大学の講義が私にはあまり合わず、図書館で世界文学全集を読みふけったり、ヘッセやゲーテ、シェイクスピアといった作家を好んで読んだりと、あまり勉学に縁のない大学生活を送っていました。

卒業後は、法人向けのシステム営業職に就職し、営業とマーケティングの業務を経験して、その後に現在の会社を設立しました。

設立当初は自社でソリューションを提供する形でシステム開発を行い、BtoCの商品を提供していましたが、外部との関わりや多様な仕事がしたくなり、現在に至ります。

集客メインでお手伝いしたイベントで300人以上集める

──これまで手掛けてきたプロジェクトや実績について教えていただけますか?

例えば、4000人以上の個人投資家に対して、データ分析や売買支援のプラットフォームを提供したり、新規事業として、CoinDesk Japanでの事業立ち上げ、株式会社デジタルガレージの伊藤穰一さんのプロジェクトにも一部協力しました。彼らは恵比寿にてcrypto cafe & Barという50人ほど入れるお店を今年の8月末か9月にオープンする予定です。このような活動を通じて、様々な企業との協業も行っています。

その他にも、ビットバンク株式会社や株式会社HashPort、Ripple inc.など、さまざまな企業と共にイベントを行ってきましたし、その中のいくつかの企業は我々のスポンサーもしてくれています。

また、先日行った株式会社メルコインとのIVSイベントでは、集客をメインにお手伝いさせていただいたのですが、300人以上の方にご来店いただき大反響でした。

BBBさんにお願いできること

──BBBさんに相談できる内容やお願いできることをお聞きしてもいいですか?

私が提案できる内容としては、個人的なネットワーキングや特定の人物への紹介などがあります。また、特定の事業に関して、CryptoBar P2Pを活用した実証実験を行うことも可能です。後は、集客やマーケティング、人材獲得に関するアドバイスもできます。

ネットワーキングに関しては、CryptoBar P2Pに来店されるお客様の多くはクリプトに精通していて、事業の代表や取締役クラスも多いので、その方達を紹介できると思います。

CryptoBar P2Pを活用した実証実験はイメージしにくいと思うので具体例を出すと、現在NFTを使って、特定のユーザーが鍵を開けて、自由にお店を使えるというスタートアップのソリューションを提供しています。この仕組みは、特定のユーザーがお昼の時間など営業時間外にお店を利用できるというものです。

他には2022年の7月に、感情センシングを用いてユーザーが話す内容を平常、喜び、怒り、悲しみの4つに分類し、それに応じて電子花が変化するというプロジェクトに協力させていただきました。このプロジェクトでは、ユーザーの感情を電子花が吸収して成長し、30日間で育てたものを最終的にNFTとして発行しました。

・部屋の機嫌で育つ「観情植物」 Log Flower(ログフラワー)を東急エージェンシーとKonelが共同開発https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000057032.html

集客やマーケティングに関しては、基本的には店舗で宣伝活動をするというシンプルなアプローチをとっています。法人向け、個人向け、お客様のニーズに合わせてどちらでも対応可能です。

例えば、お店やSNSを通じてソリューションの拡散をお手伝いしたり、実際に店舗でお客様に活用してもらい、フィードバックやアンケートをとったりもしています。

人材獲得については、お店に来ている方が業界の方であったり、業界に興味がある方、Web2系のエンジニア等、さまざまな人がいらっしゃるので、そういった方々と接触を持つことで、優秀な人材を探す場として活用していただいています。

──最後に一言、読者にメッセージをお願いします。

私たちはクリプトに情熱を注ぐ人たちを支援する場所や企業でありたいと考えています。

また、私自身もクリプトが当たり前になる世界を創造する活動をしていきたいと思っているので、同じような志を持つ人たちは、ぜひ一緒に熱く語り合いましょう。

Plus Web3は「Web3領域に特化したキャリア支援サービス」

あわせて読みたい
【Web3転職Tips】Web3業界で働くには?必要な手順と大切なことを解説 近年名前を聞くことが多くなったWeb3。 多くのスタートアップが競合を強めたり、大手企業がWeb3業界に参入したりなど、ますます注目を高めています。 しかし具体的にWeb...

Plus Web3では、Web3で働きたい人材と、個人に合わせた優良企業をマッチングする求人サービスを行っています。

  • Web3で働くことも考えている…
  • Web3のインターン先はどこがいいか分からない…
  • どんな知識やスキルがあれば良いのか分からない…

このような悩みを抱える人は、一度「無料キャリア相談」にお越しください。あなたにマッチした優良企業をご紹介いたします。

Please Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次